利用する日が長くなるほどマンスリーマンションの賃料が安くなりお得

サイトマップ

様々なタイプの部屋

安心して利用できるマンスリーマンション

モダンなインテリア

会社員をしていますが、地方への出向の為に滞在先を探していました。アパートを借りる案もあったのですが、敷金、礼金の費用が掛かりますし、電気代等の光熱費に関しても、例え短期間でも契約が発生しますので、手続きの事を考えますと、なるべく手間が省けて滞在できる施設を求めていました。
我が家のように使えて自由に利用ができる所を探した結果、日単位で利用する事が出来るマンスリーマンションを利用する事にしました。
間取は1Kのお部屋でしたが、お部屋の中には生活に必要な物が全て揃っており、ベット等の寝具もありましたし、テレビ、テーブルまで備え付けられていて、最低限の生活必需品が設置をされていました。
また、マンスリーマンションにはコップ、お皿類はもちろんの事、フォーク、スプーンまであり、小物に関しても心配りが行き届いている環境です。トイレ、バス、シャワーも完備をされていますので何不自由なく生活が出来ますし、一人暮らしに置いて困る事はありませんでした。
実際のマンスリーマンションの利用料金の方ですが、使用する日が長くなるに連れて料金が安くなる設定になっており、1ヶ月以内、3ヶ月以内、3ヶ月以上と利用する期間に応じて割引が高くなり、長期になるほどお得な価格設定になっていました。
光熱費の方ですが、基本日割り計算になっており、一日750円ほどで計算をされていました。
生活に必要な物は全てありますし、価格以上の環境が整えられていますので、安心して利用できると思います。

マンスリーマンションに入居する前の持ち物

マンスリーマンションには予め日用品やスリッパなどの小物が置いてありますが、部屋に入って自分が必要と思われる生活用品を置いてない事が多いです。
マンスリーマンションは、基本的に健康な大人が生活を行うという前提で日用品などを置いているので、日頃から使っている常備薬などを準備しておく必要があります。お風呂に入る時の洗面器などは、部屋によっては備え付けられていない事が多いので、備え付けている品を担当者と確認するなどの対応で準備に徹底する事が重要です。
歯ブラシやティッシュペーパーなどの消耗品は基本的に置いてありますが、爪切りや綿棒などの必需品は置いていない傾向です。仕事や勉強を行う為の筆記用具も置いていないので、マンスリーマンションに住む際に必要である筆記用具などの準備を行います。便利な生活を送る為には、物件に住む前に生活に便利な小物を買っておく事も良いです。
洗濯機で洗濯した後のハンガーなどは置いている傾向ですが、下着や洋服などを効率よく干す為のハンガーを用意しておく事も構わないです。入居した直後に足りないと思った消耗品や小物があったら自宅に取りに帰ったり、近くのホームセンターで必要な小物を買う事が基本です。インテリアに関連した品物を取り付ける事は制限されているので、取り付けられる物などを予め担当者と確認します。

マンスリーマンションに入居している時の掃除の心構え

マンスリーマンションで長期間暮らしている時には、こまめに床などの掃除を手掛ける事が大切です。マンスリーマンションで快適に暮らす為には床掃除の徹底が欠かせませんが、忙しいサラリーマンの中では掃除機を使用している人もいます。忙しさで清掃などの作業が出来ない場合は、清掃の専門業者に有料で依頼したり、ローラー式の道具で床掃除を行う事も1つの方法です。
上階で床に掃除機を掛ける場合は、大きな音を出さないタイプの製品を使う事が良いです。大きな音が下の階に住んでいる人に伝わるので、出来るだけ昼間にあまり音を出さない掃除機を使用しながら、床を綺麗にします。買うお金が無い人は100円ショップで販売されている製品を活用したり、ほうきや雑巾などを道具を使います。綺麗な状態でマンスリーマンションの部屋の中で過ごす為には、どんなに忙しくても短時間で良いので、こまめに掃除の時間を毎日確保する事です。
時間があるならば掃除機を利用するよりも、雑巾やほうきを使った方が良いです。雑巾やほうきなどでの床掃除は静かに行える傾向で、下の階に住んでいる人や隣にも迷惑を掛けない事がメリットです。床掃除などの作業を行う事によって運動に繋がるので、体を動かす事でダイエットの効果に期待できたり、健康を促進する事にも繋がります。


ウィークリーマンションやマンスリーマンションを上野で探すなら生活快適空間の「エルシボックス」をご利用ください。こちらでは最寄駅が10分以内の上野のマンションが多数掲載されていますよ。ぜひ一度チェックしてみてください。

TOPへ